GRANBEAT(DP-CMX1)はmineoでも使うことができるのか

GRANBEATはmineoに対応しているのでしょうか。

GRANBEATはONKYO製のスマホです。

MVNOのmineoでも使うことができるかは契約前にしっかりと確認することです。

でも、安心してください、ちゃんとチェックする方法ありますので。

GRANBEAT(DP-CMX1)はmineoで使えるのか?

ということで、GRANBEATがmineoで使えるかどうかの確認ですが、やはり公式サイトを確認するのがベストです。

公式サイト

公式サイトいかがでしたでしょうか。Dプランであればいけますよね。

GRANBEATについて(スペック)

GRANBEATはONKYO製のいわゆるスマートフォンです。

発売日は2017/2/24、OSはAndroid 6.0です。

5.0インチという画面のサイズで、使える外部メモリはmicroSDXCですね。

mineoでGRANBEATを契約する場合の注意点

GRANBEATをmineoで契約する際の注意点としては、SIMcardのサイズですね。

通常サイズのSIMから、マイクロ、ナノというのがあるので、間違えないように契約します。

ちなみに小さいサイズであれば、アダプターでより大きい側へ対応することはできますが、間違えて通常サイズなんかで契約してしまうと小さいものにはできませんので、十分注意が必要です。

サイズ変更って手数料がかかるものですから。

SIMサイズは公式サイトにも書かれていますので、間違えることはないと思います。

口コミ、評判でmineoをチェックする

とりあえず対応していることは分かったもののmineoに切り替えてよいものかは迷いますよね。

切り替えてみたところ全然つながらない、なんてことは避けたいですよね。

mineoの口コミや評判はこちらのサイトにありますので、一度はチェックしてみてくださいね。

mineoの口コミや評判

さらにmineoの良くある質問もありますよ。

mineoの良くある質問

公式サイトを含めチェックしてみてください。

GRANBEATについての参考情報

スマートフォンとしては世界初となるヘッドホン用のフルバランス駆動回路と2.5㎜/4極バランス出力端子を搭載。

2つのバランス駆動(A.C.Gモード/BTLモード)を実現しています。

バランス端子に対応したヘッドホン/イヤホンを接続することで、ハイレゾ音源をはじめとするさまざまな音楽ソースをより高音質に再生することができます。

バッテリーは急速充電が可能なQualcomm Quick Charge 3.0に対応しています。

CPUはクアルコムのMSM8956(ヘキサコア)、メモリを3GBを搭載したことで、快適な操作ができます。さらに、データ容量の多いハイレゾ音源を多数持ち歩けるよう、128GBのストレージを搭載しました。さらに、最大256GBののSDカードに対応しているので、多くの音楽データを持ち歩くことができます。

1,600万画素のメインカメラと、800万画素のインカメラを搭載しています。
メインカメラは4K動画の撮影ができます。

SDカードスロットを使わず、デュアルSIM・デュアルスタンバイに対応

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする